生態系を配慮する

屋根に薬を撒く様子

生態系へ配慮してのハチ駆除

地球では、時代や生活環境が変わっていくことに適応できた生物だけが生き残っていくのです。今までに環境の変化についていけずに、絶滅したものもたくさんいました。人の生活が発展する上で、公害や自然減少が広がったために生活する場所が少なくなった生物もいたでしょう。最近ではスズメバチも住む場所を人家の周りに移してきている傾向があります。キイロスズメバチは人家の周りに巣をつくることが多くなっています。そのため人を襲うトラブルが発生しているのです。スズメバチ駆除をする業者も駆除するだけでなく、その蜂を生かす選択肢も増やしています。もちろん巣を調べて、十分に人の安全が保障されるのであれば家主と相談して、そのままにすることがあります。生態系への配慮を取り込むようになってきたのです。

後悔しないようにプロの業者に頼む

けがをしたり、病気をしたりして病院に行くことは誰でも経験をしていると思います。痛い思いをしながら通院した人もいるでしょう。無茶なことをしなければケガをしなかったのにと、後悔する人もいるのではないでしょうか。最近は自分でスズメバチ駆除しようとして刺されることがあるのです。おそらく刺された人も、どうしてスズメバチ駆除の専門家に頼まなかったのだろうと後悔しているでしょう。ミツバチやアシナガバチは比較的おとなしく、刺されても軽症で済む可能性があるのですが、スズメバチは毒針を何度も刺すことができるので重症化することが多いのです。患部も腫れ上がり、強い痛みをともない、病院に通うことになるでしょう。後悔しないように、スズメバチ駆除はプロに任せましょう。