さまざまな菌

メモをとる調査員

ネズミには、ペストやサルモネラ菌といった様々な病気の原因である菌を持っています。また、ネズミは病気だけでなく自分の伸びる前歯を削るためになんでも噛んでしまう修正があるため住宅にも多大な被害をもたらします。

Read more

ネズミの種類

屋根裏を調査する男性

ネズミは、家や人に多くの被害をもたらします。また、ネズミと一言で言っても非常に数が多く種類によって生態系が全く異なります。ネズミの駆除は、素人では不可能なので駆除業者など専門業者に依頼することで安全に駆除を行えます。

Read more

生態系を配慮する

屋根に薬を撒く様子

近年の、ハチを駆除する業者のやり方が少しずつ変わってきています。それは、ハチを駆除して処分するだけではなくハチを生かすと言う選択肢も増えてきています。もちろん、人の安全が十分に確保された場合と依頼者と相談になります。

Read more

800種類存在する

家周りを調査する男性

アシナガバチ駆除に用いられる殺虫剤の平均価格

アシナガバチは、世界中で800種類存在するとも言われており、国内では11種類が確認されています。そのうち8種類は本州に生息しており、都市や市街地でもよくみかけるハチとなっています。よって、アシナガバチは人が生活する身近なところに巣を作ることもあります。人がむやみに威嚇しない限り攻撃してくることはないハチでもあります。アシナガバチ駆除を駆除しなければならない状況にあるとすれば、市販品による殺虫剤で十分な効き目があります。アシナガバチ駆除に用いられる殺虫剤は、そのほとんどがスプレー噴射式となっており、平均価格は1500円前後と手頃な価格帯となっています。格安なもので800円前後のものも販売されています。これでなければアシナガバチ駆除出来ないというものではないので、アシナガバチ駆除だけを目的とするのであれば安い殺虫剤でも十分な効果が期待できます。

アシナガバチの見分け方とは

ハチを駆除する場合には、ハチの種類を見分けなければなりません。人が威嚇する事によって攻撃的になる習性はいずれのハチでも言えることですが、攻撃性の強弱や毒性などの危険性はハチの種類によって大きく異なるものとなります。アシナガバチ駆除は、ハチの中で攻撃性が弱いものとなります。種類の見分けさえしっかりしておけば間違えることはありません。アシナガバチの場合、その名の通り後ろ足が長い事で容易に見分けられます。また、飛び方にも特徴がありフワフワゆっくり飛ぶことでも見分けられます。アシナガバチの巣にも特徴的なところがあり、1年間で一回しか巣に生息しません。再利用はしないものの、近場に再び巣を作ることもあります。巣を作り出すのが4月上旬となり、巣を離れるのが8月ごろと言われています。